ニキビに効く化粧水、化学物質と天然成分の比較

ニキビにおすすめの化粧水には、化学物質がメインで作用する製品と、天然成分が中心で作用する物があります。
前者ならばエタノールやイソプロピルメチルフェノールが挙げられます。
天然成分と比較すると殺菌効果が強烈であり、菌の繁殖も抑制しますが、刺激が強いです。
アクネ菌だけでなく、皮膚に良い働きをする常在菌も消してしまいます。
しかし、オイリー肌の人ならば短期間で治したい場合には、十分に機能する化学物質です。

また、ニキビや吹き出物が目立つ箇所だけに使うのも有効です。
化粧水に配合している事は多いですが、少量や微量であれば、デメリットが発生する可能性は低いです。
イソプロピルメチルフェノールは指定成分に該当します。
使用する場合には少し注意が必要ですが、その分、効き目も強いですから、利害は一致します。
後者の天然成分はリスクが少なく、ナチュラルに働きかけますから、徐々に改善していく様子が目立つのは一般的です。
即効性がある天然の有効成分は化学物質と比較すると少ないですが、グリチルリチン酸はニキビに素早く作用します。

量にもよりますが、高濃度のリコリスエキスは濃いめの茶褐色をしています。
そのエキスにはグリチルリチン酸がたくさん含まれていますから、比較的、多機能で期待できる液体になります。
化粧水に配合してある場合、黄緑色よりの状態が多いです。
茶褐色をしていれば高濃度エキスを配合している可能性があります。
しかし、金属粉末やカラメル、その他の着色料が配合されていないか確認する事は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です