機能性ある保湿化粧水の有効成分、セラミド、芳香水

機能性のある保湿化粧水は濃度が高い場合があります。
中には基剤(きざい)となる水を全く使用せずに、フローラルウォーターを用いて機能性を高めるメーカーもあり、保湿と天然志向にこだわりを持つ会社、企業も存在します。
肌を潤す天然の成分はたくさんありますが、中でもセラミドは乾燥改善に特化しています。

セラミドとは細胞間脂質とも呼びますが、既に人の皮膚の中に存在します。
動物性由来、植物から抽出する物、化学的技術を用いて得られるセラミドがありますが、どれも皮膚を潤して乾燥を改善するメリットが強みです。
動物性由来ならば馬の鬣(たてがみ)から抽出が出来ますが、少し貴重な成分であり、肌に馴染みやすく即効性があります。

植物由来のセラミドは小麦から抽出が可能ですが、動物性由来の物と同じく少しレアな成分となります。
柚子からでも得ることが多いですが、最近の化粧水に添加されているセラミドは果実由来の物が多いです。
アレルギーの要因がほとんどなく、保湿力は馬の鬣(たてがみ)抽出物よりは劣りますが、なるべく早く乾燥を改善させます。

おすすめの化粧水に配合される人口的に作られたセラミドは、皮膚に含まれている成分と似通っており、比較的に即効性があるメリットか強みです。
細胞間脂質は補われれば補われる分だけ、吸収しやすくなり肌の水分量を上昇させていきます。
機能性ある保湿化粧水に全てのタイプのセラミドを配合している場合、肌を潤す力に特化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です